火災による延焼危険度調査 こんな方には火災による延焼危険度調査がおすすめ・古い建物や木造建物が密集している ・道幅が4m未満である ・古くからある市街地である ・近隣に可燃性危険物を扱う施設がある ・火災保険に入っていない

診断内容

大規模地震時の火災は同時多発的に発生することが予想されるため、消火活動が進まず火災が広がる危険性があります。ここでは下記のような調査に基づいて評価します。

  • 可燃性危険物貯蔵施設調査
  • 消火困難道路
  • 延焼遮断帯、不燃領域率
  • 調査対象建物の隣棟間隔

診断のメリット

  • 火災発生時の危険性が把握できます
  • 風速や風向の危険範囲がわかります
  • 建物の不燃対策の目安となります
  • 火災保険の加入目安になります

災害リスクのホームドック サービス一覧

気になる調査項目をクリックしてご覧下さい。

耐震診断地盤・液状化危険度調査津波危険度調査浸水・洪水危険度調査土砂災害危険度調査火災による延焼危険度調査地域の防災力調査室内の防災対策
災害リスクホームドックの見積依頼はこちらからWEB限定机上調査パック地盤・液状化/浸水・洪水企業・自治体の方はこちら災害・防災ブログ


Copyright 2013 住宅向け災害リスクのホームドック all rights reserved.

地震、台風、大雨など自然災害にて起こりうる危険性を調査する住宅向け災害リスクのホームドック