サービス内容

「災害リスクのホームドック」とは

災害リスクのホームドックは、「人間ドック」の住宅向け防災調査です。 人間ドックは、近い将来、病気を引き起こしそうな異常や隠れた疾患を総合的に精密検査します。これと同様に、ご自宅の見えない災害危険度を総合的に調査・分析し、災害が発生した場合、どのような危険があるのかを事前に調べ、その対策案を報告書にまとめたものが「災害リスクのホームドック」です。

必ずやって来る災害に対して、いつ、どんな災害が発生しても対応できるように「この場所なら」「どんな災害(地震)が」「どの程度の規模や範囲で」起きるのかを具体的に調査し、その結果に基づいた適切な防災対策を講じることで、大切なご家族が安全・安心に暮らせることを目指しています。

個人の一般住宅に「災害リスク評価」が必要な理由

ご自宅がどんな災害リスクがあるのかを知るには、地震被害想定調査やハザードマップ等である程度まで把握することは可能ですが、細部まで判断しづらい点がありました。

「災害リスクのホームドック」はピンポイントであらゆる側面から調査を行うため、地震/洪水ハザードマップでは見つけられなかった細部の災害リスクを調査し、その結果に基づいた適切な防災対策が可能となります。

対応可能な災害リスク調査内容

地震による「建物倒壊危険度調査」「液状化・地盤危険度調査」「津波危険度調査」「火災発生時の延焼危険度調査」。

台風・集中豪雨による「水害(浸水・洪水) 危険度調査」「土砂災害(がけ崩れ・急傾斜地崩壊、地すべり、土石流) 危険度調査」。

また「地域の防災対応力評価」「避難所カルテ・避難路調査」などに対応しております。

なお、現在は火山、竜巻・ダウンバースト、雪害等には対応しておりません。

報告書の活用方法

調査地点の地歴をはじめとする詳細な調査と併せて各災害種別毎に図表や写真で解説しています。
また、各種災害毎に対応策を記載した報告書です。

報告書のサンプルをご希望の方はこちらのお問い合わせフォームからどうぞ

報告書は下記の様な利用方法があります

  • 地盤状況(揺れやすさ)に応じた耐震化補強工事(基礎など)が可能となります。
  • 第三者機関である地盤調査で詳細調査の必要の可否、液状化対策工事の必要性が把握できます。
  • 津波や土砂災害が発生した場合の危険度や影響度を詳細に把握できます。
  • 転居の必要性がある場所なのか、または新しい移転先の検討材料に利用できます。
  • 災害種別に応じた適切な避難所の選定やルートが把握できます。
  • 水害時に避難すべき場所なのかどうか、避難の際はどのルートをたどれば良いのかが把握できます。
  • 地震保険や火災保険の必要性や特約などの見直しにも利用できます。
災害リスクホームドックの見積依頼はこちらからWEB限定机上調査パック地盤・液状化/浸水・洪水企業・自治体の方はこちら災害・防災ブログ


Copyright 2013 住宅向け災害リスクのホームドック all rights reserved.

地震、台風、大雨など自然災害にて起こりうる危険性を調査する住宅向け災害リスクのホームドック