業務の流れ

災害リスクのホームドック 調査の流れ

※1.稀に資料が入手出来ない地域(離島や山間部など)があります。資料の入手状況等によって調査出来ない項目があります。

※2.調査内容は下記の通りになります。机上調査の方は「3」までの内容を報告書にまとめて納品します。

  1. 防災関係機関、国土地理院や国土交通省等からの資料収集
  2. 政機関、防災機関などへのヒアリング
  3. 机上調査(図面や書類などによる調査)
  4. 現地踏査における確認調査、計測、写真撮影
  5. 行政機関、防災機関などの調査および現地ヒアリング
  6. 報告書の作成
  7. 各データの判読、分析(各専門技術者による助言など)
  8. 報告書の取りまとめ
  9. 精査(総合判定・評価)
  10. 報告書内容の確認

※3.コンサルティングをお申し込みの方には、お伺いしてご説明をさせていただきます。
また、室内対策、避難用品、流通備蓄品のチェックを行います。

※現在、お電話での見積依頼、お申込みは受け付けておりません。
※依頼多数の場合はお待ちいただくことがあります。

災害リスクホームドックの見積依頼はこちらからWEB限定机上調査パック地盤・液状化/浸水・洪水企業・自治体の方はこちら災害・防災ブログ


Copyright 2013 住宅向け災害リスクのホームドック all rights reserved.

地震、台風、大雨など自然災害にて起こりうる危険性を調査する住宅向け災害リスクのホームドック